2016年10月17日月曜日

松沢日誌



本を出版した。

https://www.amazon.co.jp/dp/B01M6XQJVU


『本』と言ってもキンドルとか電子書籍ではあるのので『本』なのか『データ』なのか分からないが。
元々はmixiに書いていた日記を出版するためにリライトしてモノである。

以前、勤務していた病院をクビになって、失業保険で暮らしている時にハロワで『松沢病院作業療法士助手』と言うのを見つけた。

「人生70年。キチガイの金字塔で働くチャンスがあるか?」

と思って入社。

「何しようぞ くすんで 一期は夢よ ただ狂え」

と言う有名な言葉もある(団鬼六が有名だが)。

入社してみたら、一番、狂っているのは患者じゃなくて治療者だったが(患者も大いに狂っていたが)。


で、この本だが友人が「面白すぎる!」と言う事で出版社5社ほど回った。最初は三和出版だとか、大田出版、宝島社、新潮社も回ったが、最終的にはコンビニ漫画だとかエロ本を出版する会社までグルグルと回されたときに1人の編集者が「これは出版せねば!」と編集会議に持ちだそうとしたところで

『村崎百郎48箇所メッタ刺し殺人事件』

が起きた。

それで「こんなものを出版したんじゃ殺される!」と言う事でオクラ入りとなった。

だが、出版を前提にして必死にリライトしたので何とかしたいなぁと思いながら、電子出版と言う方法を選んだのだが、でじたる書房と言う胡散臭い、電子書籍で出版した。

取り分は50%と言うのが売りだ。

しかし、登録した矢先にアマゾンの電子書籍が軌道に乗った。でじたる書房なんて言う小さな町の、小さな駄菓子屋みたいな本屋で誰が買うと言うのだ。

実際に売れたのは5冊で、友人しか買ってない。

その頃にアマゾン・キンドルで出版するのは敷居が高かった。英語と言うのもあるし、良く分からない、と言うのも。

ただ、調べてみると意外と個人でも出来るらしい、と言うのが分かった。

3日ほど徹夜して、再度リライト。

追加ページ等を作って、出版。


さてさて・・・売れるんだろうか・・・。




皆さん、買ってください。

とりあえず明日から無料期間5日間です(ドモホルンリンクル状態)。買っても350円!
宜しくお願いします!




0 件のコメント: